上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

Cヒープ

category: 技術メモ  

Javaでは、一概にメモリといっても通常のヒープ領域の他に色々あって、Cヒープとかある・・と。

今回はこのCヒープが原因だった、、、

CヒープはOSから割当られる、JVMそのものが利用するメモリで、JNIの実行時などに利用されるらしい。
で、スレッドとかが作られる際にもCヒープを利用する。
なのでTomcatとかで大量にスレッド作らせると枯渇したりする。

今回発生した問題は、
なんとTomcatからRuntimeを使って、別のJava処理を呼出して結果をTomcatに戻すというトンデモ仕様だった。

なんじゃそりゃー!って思うけど、まあそうなってるから仕方ない・・・
理由はTomcat事態は昔から動いててJDK1.4で動いているが、新しく使うモジュールがJDK1.6でないと動かないから。

じゃあ、Tomcatも1.6にすりゃいいじゃんって話なんだけど、そうなると既存アプリにも影響が多きいからうんちゃかんちゃら。
まあありがちな理由ですね。

おかげでJavaのメモリについて詳しくなったわw


スポンサーサイト
2014_02_18


WEB+Tomcat ->APサーバ(Tomcat)2機
っていう構成を、

LB(SSL) ---- WEB+TOMCAT ->AP1,2
   |--WEB+TOMCAT ->AP1,2

にしようとして、失敗したことがあるらしい。

当時の資料を見て確認したかぎりだと問題ないように見えるんだよな~。

SSLはLBで処理するけど、後続に影響がでるから、WEBからAPは疑似SSLでやるようになってたし~。
でもなにかセッション管理でエラーになるらしい。

StickySessionの問題?と思ったけど、現状見る限りではちゃんとついてるし・・・。
さてどうしたものか?
2014_01_30


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

おすすめ

検索窓

プロフィール

ゆきと

Author:ゆきと

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。